blog

武装衝突 × 浮意流共同企画 青く深く光れ

5月18日。この日は池袋ADMにて、武装衝突と浮意流(※フィールと読む)共同企画。

ほぼ初めてのバンドばかりだったが、それぞれ格好良いステージだった。

そして、武装衝突。個人的にはかなり久しぶりだったので、軽く浦島太郎状態。暫く予定が合わない日が続き、今回ようやく予定が合ったという訳だ。

さて、肝心のステージは、序盤にギターの機材トラブルがあって冷や汗をかいたものの、楽しく盛り上がった夜だった。まだ観てないが、良い場面をたくさん撮ることが出来た(筈)。

最後に。武装衝突の次回の東京ライヴは6月、それから8月に決定している。下半期もたくさん東京でやってほしいものだ‼︎

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html


20190521083713879.jpeg
スポンサーサイト

THE JIMMY JETSのスケジュールに感動‼︎

THE JIMMY JETSの新たなスケジュールが発表された。何と、横浜が追加されている。

今まで日程をチェックしては、そのたびに「東京はまだ〜?」と思いながら歯軋りしてきたので(笑)、このスケジュールには感動した。今回発表されているのは東京ではなく横浜だけど、「東京だけじゃ飽き足らず、これから関東制覇に本格着手か?」と、また嬉しくなった。先月の渋谷ライヴでの、撮影しながら感激の身震いした記憶を思い返しつつ、あの猛攻ぶりがさらに広まっていくのかと想像すると、感動が止まらない。止まらなくて困っている(笑)。

それにしても、ツアー・スケジュールには感動したことは未だかつてない(笑)‼︎ 思わずツアー日程を携帯電話のスクリーンショットに保存してしまった。その後のスケジュールにも期待大だ。これからはもっともっと、あちこちでTHE JIMMY JETSに触れたい。また、これは個人的な願望だが、可能ならばこれからもTHE JIMMY JETSの雄姿を撮りたい気分なのだ‼︎

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

20190517073317385.jpeg

THE JIMMY JETS

巷で噂のTHE JIMMY JETS。大阪や名古屋を中心に活動している4人組のバンド。

数年前からその噂を聞くことが度々あった。それで名前だけは知っていたのだが、アルバムのジャケット等を観ただけでもその格好良さは充分に理解出来た。

本当にイカしたロッカーはステージに立っていない時でも絵になるものだし、実際のライヴを未体験な人間でもジャケットを眺めているだけでも、その魅力が伝わってくる。THE JIMMY JETSはそういうバンドだと、直感した。


それで、いつ東京にライヴに来てくれるのか、ずっと心待ちにしてきた。動画も公開されているので、観ることは可能だが、「このバンドは初期衝動を感じたい‼︎」と思い、敢えて情報を調べないようにしてきた。


そんなTHE JIMMY JETSとは、実は一昨年、神戸のバンド・武装衝突の『反逆Fes』でニアミスをしている(笑)。タイムスケジュールを勘違いして、ちょうど出演時間帯に外に出てしまった。会場に戻った頃には既にステージが終わり撤収しているメンバーの姿を見かけて、「今、心の底から時間を巻き戻したい‼︎」と、本気で思った(笑)。

そして、昨年春、遂に東京初上陸。

でも、その時は予定が合わず、残念ながら行けなかった。

昨年12月は閉店間近の三重BASS-1で、THe Jet's、gangstersと対バンするのを知って、行ける人が羨ましかったっけ。BASS-1には、その少し前に別のバンドで遠征したばかりだっただけに、東京・三重間の距離が恨めしかった。東京でも、是非この3バンドでやってほしい‼︎と思った。

そうこうしているうちに、「いつTHE JIMMY JETSを初体験出来るのだろう?」という焦燥感は日増しに激しくなっていく。

でも、まだ“初期衝動”にこだわり続けていたので、動画を観るのを必死でこらえ続けてきた。


そして、先月27日・28日に榊原さんのイヴェントを撮ることが決まり、THE JIMMY JETSは初日に出るという。

もうこの時点で、“初期衝動”へのこだわりはゴミ箱に投げ捨ててしまった(笑)。

一回だけなら……と動画を観てしまったら、もう止まらない、ひたすら動画を漁ってしまった。撮影当日の参考目的という名のもとに、何回再生しただろうか(笑)?


そして、遂に迎えた当日。リハの時点で既に格好良い。メンバーの醸し出す空気に酔いそうになった。それに、当たり前だが、動画で観るよりも実物の方が格好良い‼︎ 去年東京デビューしたばかりとは思えないほどの盛り上がりに驚いた。“初期衝動”以上の“初期衝動”がそこにあった。撮りながら、トキメキが止まらなかった……‼︎

直後に大阪・難波Meleでのワンマンを控えていたそうだが、これはいつか東京でもワンマンをやってほしいと、心底思った。

この渋谷ライヴに来ていたお客さんで、ワンマンを観に行くと言っていた人がおり、もう羨ましくて仕方がなかった(笑)。自分自身が大阪出身で、難波Meleはよく足を運んだ場所なので、ワンマンに行った人の話を訊いたら、その時の情景が目に思い浮かんできて、また熱い気持ちになった。


そんな訳で、スケジュールをチェックしつつ、東京にまた来てくれる日を夢見ながら、待ちきれなくなって関西か名古屋遠征するかもしれない。


とにかくTHE JIMMY JETSは要注目だ‼︎





撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

寺田幸次大感謝祭 2019-TERADA 45th BIRTHDAY!!-

来たる8月30日・31日、京都音まかすにて、毎年恒例、REBEL★ACTION TERADAの大感謝際が開催される。

TERADAとは、大阪のバンド・REBEL★ACTIONのヴォーカリストであり、1974年8月30日に生まれ、2013年7月10日に亡くなるまで、暑苦しく生きてきた男のこと。


彼はバンド活動だけでも手一杯だろうに、周りの仲間たちの活動(アーティスト以外の人も含めて)も気にかけ背中を押し、誰かの嬉しいニュースがあると自分のことのように喜んできた。こんなことを書いている自分自身も、彼にはいろいろお世話になってきたし、感謝している。『DOLL』誌や某ライヴハウスの運営していたwebサイトで記事を書かせてもらったり、写真を撮るようになったのも、彼との出会いがきっかけ。歳は彼が2つ若いけれど、精神年齢では彼のほうが上なのではないか?と思うぐらい、自身のアティテュードをしっかり提示してきた人だった。


でも、さんざんお世話になってきたとは言え、大感謝祭には今までいちども足を運んだことはなかった。どうしても行く気にはなれなかったのだ。


彼の死去数日後の新宿URGAで、彼と所縁のあるバンドたちの涙ながらのステージに哀しくなったり、何度かREBEL★ACTION 楽器隊でのステージを体験したり、実家にお線香をあげさせてもらいに行ったり、追悼ライヴ大阪スリーデイズを皆勤してきた結果、やはり彼のいない場所にいるのが辛くて……。過去に何度か、『大感謝祭』出演者から「撮ってほしい」と要請が来たこともあるが、全て断ってきた。これからも大感謝祭には行くつもりはない。そう思ってきたのだけれど……。



でも、今年初めて行くことにした。あれだけ行かないって公言してきたのにも関わらず。そう、人の心は時と共に移り変わるものなのだ(笑)。

2日目に行くことに決めた。どのバンドも良いが、THe Jet'sが出るというのが、参加の決め手だった。何しろTHe Jet'sとは、REBEL★ACTIONを観に行った時に対バンで出ていたのが縁で出会ったからだ。もしREBEL★ACTIONがいなかったら、THe Jet'sの連中に出会うのはもっと遅かったかもしれない。REBEL★ACTIONが東京ではよくTHe Jet'sと対バンしたきたし、THe Jet'sが自主企画をやる時にREBEL★ACTIONが出たり、両バンドは何かと縁があった。

そんな訳で、今年はちょうど、時間と心のタイミングが合った。主催のAKIRAさんとも久しぶりに会いたいし、という訳で、8月31日は京都音まかすへ☆


撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html




20190515081304ec4.jpeg

PUNK Tシャツと大阪トーク

PUNK T-SHITS屋 WEDNESDAYのTシャツは何枚か持っているのだけど、やはり、このTシャツの文字は相当インパクトがあるようだ。通りすがりの人に凝視されたこともある。それも、PUNKの街・高円寺の商店街で(笑)。

ある日、このTシャツを着て耳鼻科に行ったら、先生も同じく、文字に驚いたらしく、それがきっかけで、音楽の話が止まらなくなったことがある。その後、行くたびにそんな話になってしまうので、他の患者さんもいる手前、比較的空いている時間帯に通うようになった。最近では、音楽の話だけに留まらず、お互い大阪出身だということが分かり、大阪の話にまで飛び火する始末(笑)。しかも地元にいた頃の生活圏もかなり近いので、大阪の超ローカルな話題に突入してしまったのは言うまでもない(笑)。

たった1枚のTシャツから始まった世界は、一体何処まで広がっていくのだろうか(笑)?


そんなマニアックな話はともかく(笑)、WEDNESDAYのTシャツは志津江ちゃんによるデザインで、色は赤と黒と白を基調としたもの。本当に格好良いので、超お勧めなのだ。


撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

20190514202653e49.jpeg

ステージ衣裳に触発されて

孔世(THe Jet's)が、今月3日の新高円寺のステージで着ていた白い武装戦線ジャケットに触発されて、その翌日から写真のスカル柄のジャージーをよく着ている。

漫画『クローズ』『WORST』好きな人ならピンと来る物じゃないか、と。漫画自体は熱心に読んでいた訳ではないけれど(笑)、クローズ系の衣類はとにかく格好良いものが多いので、Tシャツをたまに購入していた。

これは、もう10年以上前に池袋の某店でひと目惚れして購入したもの。ひと回りサイズが大きかったけれど、現品限りで、しかもセール価格、これは買うしかないでしょう‼︎と思い、レジに並んだ。

刺繍がほどけるのを極力防ぎたくて、洗濯時には裏返していた。それでも年々痛んできて、最近は滅多に着ないでしまい込んでいたのを、引っ張り出して着ている訳だ。それもこれも、孔世の影響。



それにしても、孔世は白いジャケットがよく似合っていた。白は純粋や清潔を表現する色だが、同時に膨張色で太って見える色であり、汚れが目立ちやすいという欠点を持つ色なのだが、長身で大振りなステージ・アクションをする彼が着ると、その存在感を際立たせる色なのだ。また、ボールを無心に追いかける仔犬のような目をした彼の純粋さを、より印象付ける色。何より、真夏の太陽のような眩しい笑顔に、ジャケットの純白がよく映えていた。

たかがステージ衣裳1枚だけど、ステージだけでなく衣裳も記憶に残るものだし、触発されて次の日から着るものが変わったりするものなのだ。そんな訳で、今日もこのジャージーを着ている☆

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html


2019051407240089d.jpeg

Salome解散から新たな活動へ

1カ月前の話。Salomeが解散した。オフィシャルLINEでのみ、ひっそりと発表されていたので、知らなかった人も多かったようだ。

彼らほど撮影意欲をくすぐられるバンドは他にいなかったので、突然の解散がショックで、放心状態に陥ってしまった。「もう、あの3人が同じステージに立つことがないのか」と思うと、大きな喪失感に苛まれた。解散の事実を受け入れられなかった。受け入れたくなかった。


解散後のメンバーの動向はと言うと、まず、ギターのGiragira AkiraはSalome以外にもいろいろ活動しているので、この先もあちこちで会えるから良い。

ただ、白龍-pylon-(Vo&Wb)とChakku(Ds)とはいつ再会できるのだろう?と、内心思っていたのだが、最近になって、来たる6月23日に新しいバンドを始動するという告知がされた。サポート・メンバーには、BURNING SOULの鋼鉄ギタリスト・達磨さんが参加するとのこと(※現在ギタリスト募集中)。

その情報を知り、嬉しくなった。解散で感じた寂しさは、跡形もなく何処かに飛んで行ってしまった(笑)。

“Salome”の看板を降ろした3人が、それぞれ新しい活動を始める。これからもSalomeの楽曲を好きなのは変わらないが、楽しみがふたつに倍増したと思えてきた。今後の彼らは、Salomeの時以上に良いステージを魅せてくれるに決まっているからだ。

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html


20190415085433ee0.jpeg

高円寺2days 2日目は新高円寺へ

5月3日は新高円寺CLUB LINERへ。

前日の東高円寺二万電圧で鉢合わせした面々と、この日も鉢合わせ。DJ TAKA!さんとは久しぶりに鉢合わせ。

トップ・バッターのRIOT MISSILEから始まり、ベテラン・バンドも数組出ており超満員の中、THE CLARENCEは4番目に、THe Jet'sはトリで登場。THe Jet'sの孔世が、最初、THE CLARENCEのGlicoのジャケットをシレッと着こなして登場したのが違和感なさ過ぎて、Glicoから「俺のジャケット‼︎」と言われるまで気がつかなかったほど(笑)。そのあと孔世は自身のジャケットに着替えたけれど、この事件には大爆笑。

高円寺2daysの2日目はとびきり暑苦しかった☆

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html


201905122351209ce.jpeg

TEAM変態ナイト2019

5月2日。この日は東高円寺二万電圧にて、『TEAM変態ナイト2019』。この“TEAM変態”とは草野球チームのことで、それにメンバーとして参加しているバンドが登場するイヴェントだった。

久しぶりで待ちどおしかったザ☆ペラーズ、5月25日に町田Nutty'sで自主企画をやることになっているTHE→CROSS COUNTER、4月28日に新高円寺CLUB LINERで鉢合わせしたばかりのThe CALLINGSと、今度は東高円寺で鉢合わせした。

個人的なことを書くと、前日から風邪で体調を崩していたので、この3バンドだけ撮った後は速やかに撤収。本当はトリのGERU ALL STARSまで見届けたかったけれど、彼らとはまた某所で鉢合わせするので、その時リベンジしよう。

今回は残念ながら前半戦しかいられなかったけれど、『TEAM変態ナイト2019』は序盤からなかなかの盛り上がりぶりだった。

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

20190510121905ed2.jpeg

The Eastern Monkeys presents 狼煙 Vol.4

5月1日。令和元年初日のこの日は
新宿LIVE FREAKにて、The Eartern Monkeys企画。

メインステージにはThe Eartern Monkeys、PUNiK、Ghetto達、サブステージにはダーハマと佐伯憲陽の弾き語りアーティスト。それぞれが交互に出演。


The Eartern Monkeysの企画自体に今回は新しい風を感じ、次回以降がまた楽しみになってきた。これからも精力的に活動を続けていってほしいと思った夜だった。

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

20190510002504f42.jpeg

CAST ENTERTAINMENT presents "MAIN ACT" #22

4月29日。この日は新宿LIVE FREAKへ。

よく知っているバンドを撮り続けるのも勿論有りだが、それだけでは面白くない。たまには全く知らないアーティストを撮ってみたい、もっと自分自身のスキルを磨きたい、もっと多様な表現の世界に触れ、自分自身の殻を壊して常に新たな視界を目指したいと言う願望もある訳で。


誰ひとりとしてお互いを知る人のいない場所にも赴きたいと思い、この場所にいた。ただ、会場のバーカウンターにThe Eastern MonkeysのTatsurouがいたのだけは唯一の誤算だった(笑)。

それはさておき、この日撮ったのは
CAST ENTERTAINMENT所属のalp me please、シロクロの時代、Band theater、アナザーホリックといったアーティストたち。初めて写真を撮った時のような新鮮な気持ちで撮ることが出来た一日だった。


撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html

20190507065500121.jpeg

BANDAGE FLOWERS day 2nd “explode”

4月28日。

前日に引き続き、『BANDAGE FLOWERS』。2日目は前日の渋谷CLUB CRAWLから場所を移して、新高円寺CLUB LINERでの開催。

若手のTHE BARREL(東京)から始まり、THE COMIN'(鳥取) 、SHOTGUN30(神戸)、THE CALLINGS(東京)、VALLIA(長野)、トリのSTINK GASPERS(仙台) まで、全6組が出演した。



この2日間で全11組を撮った訳だが、どのバンドも格好良かったので、気がつけば過去に2日間で29組撮った時と同じぐらいの枚数を撮っていた。



そんな2日間から、早いものでもう1週間が経過しているなんて未だに信じられない。時間を巻き戻して、あの2日間をもう一度体験したい。そんな気分だ。

撮影のご依頼随時受付中。ご依頼・お問い合わせは下記のリンクからどうぞ↓

http://photoredzone.blog.fc2.com/blog-entry-1191.html


20190506070251dcb.jpeg