blog

2016年02月の記事

Knockin' on the NEXT DOOR vol.2

2月25日。この日は原宿クロコダイルにて、原発と憲法をテーマとした、ライヴ&トーク・イヴェント『Knockin' on the NEXT DOOR vol.2』。


同イヴェントは、島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS主催によるイヴェントで、今回で2度目の開催になる。

まず、KING OF PIRATES(from カリブの海賊)が登場。前々からその存在は知ってはいたけれど、今まで観た事はなく、今回初めて拝見した。JOHN LENNONの「POWER TO THE PEOPLE」等の曲を演奏していた。来たる3月12日には大塚HEARTSで、ヴォーカルの渡辺伸一氏プロデュースで自主企画イヴェント『カリブの海賊 vol.23』が開催されるとのこと。


続いてはトークセッション。最初は島キクジロウさんと、貧困問題等を取り扱っている作家・社会運動家の雨宮処凛さんのトーク。それから、次に出演するBRAHMANのTOSHI-LOWさんを交えてのトーク。深い話や興味深い話の連続に、こういう声がもっと広まっていけるような世の中になれば良いのに、と思った。


そのトークセッションが終わると、BRAHMANのTOSHI-LOWさんによるアコースティック弾き語り。その唄力といい、彼自身の想いといい、とても熱いものを感じた。個人的には、被災地のお爺さんから何か唄ってくれと言われた時、「僕がやっているPUNKの曲で聴かせられる曲はないんで」と断った自分自身が恥ずかしかったという言葉が深く印象に残った。


そして、島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS。the JUMPSのヴォーカリストでもあり、ロック弁護士でもあり、自ら掲げた『ノー・ニュークス権』=原子力の恐怖から逃れて生きる権利を主張して、反原発訴訟を行なっている島さんのバンドだ。

島キクジロウ&NO NUKES RIGHTSは、この日ステージ横で数々のイカしたナンバーを流していたDJ.zさんが先月開催した、東日本大震災チャリティーライヴに出演していたのを、初めて観た。その時は4人編成で、ギターは元IRONIC.のMOCKEYさんだった。

今回のギターはCROSSさん。過去に自身のバンド・the LEATHERSや赤と黒のステージを度々観に行っていただけに、こんな偶然は非常に嬉しい。彼もthe LEATHERSではヴォーカリストを務めている人なので、島さんとの唄とギターの掛け合いにワクワクさせられた。それに、今回は前回よりもメンバーの人数が多かった。

最後はTOSHI-LOWさんと渡辺伸一さんも交えてのセッション。THE BLUE HEARTSの「青空」等をやった。

このイヴェント、次回は4月に開催されるとのこと。隔月でやって行くとのこと‼︎


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




スポンサーサイト

20日のPUNK NUTS PARTY

2月20日。この日は、悪天候の中、高円寺ミッションズで『PUNK NUTS PARTY』。

この日は最高の面子が出揃った一日。DJは『PUNK NUTS PARTY』でお馴染み、TAKA!さん。

ザ☆ペラーズはメンバーの術後療養という事情により、残念ながらキャンセル。しかし、ヴォーカルのアキタ☆セブンティーン氏がソロ弾き語りとして出演。実は今までソロのステージはいちども観たことがなかったので、いろんな意味で新鮮だった。

それから、Salome。昨年出会ってから、度々ライヴを観てきて、その格好良さに憧れてきたバンド。来月のPIG'S TAIL祭にも出るので楽しみ。

そして、The CALLINGS。このライヴが彼らにとって今年の年明けライヴ。そういえば、去年も年明けライヴは此処・高円寺ミッションズで、ギターのALLYが加入して4人編成での初ステージだった。でも、ヴォーカル&ギターのBILLYの決まり文句「イェイイェイ‼︎ 決まったぜ‼︎」は、相変わらず(笑)。


トリはHOT&COOL。問答無用の格好良さに釘付け‼︎ アンコールでは亡くなったモーターヘッドのレミー・キルミスターに捧げる曲をやった。

終演後、外に出たら非常に寒く、フロアとの温度差に驚いた。それだけ熱い夜だったということだ。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




PIG'S TAIL祭まで2週間を切った

今月発行の新宿ANTIKNOCKのフリーペーパーにHORI-CHOさんのロング・インタビューが掲載されているとの事で、フリーペーパーを入手。


まだ手にとっていない人もいるだろうから、ここで多くは語らないが、HORI-CHOさんの熱い言葉が、これでもかと言わんばかりにページにギッシリと詰まっている。編集した人は大変だったかと思われ(笑)。


個人的には「カッコイイ、すごいバンドと対バンしたけりゃ、努力して自分自身がカッコいいバンド、プレーヤーになって、対等になって呼びたいんだよね!」という言葉に、刺激を受けた。自分もそうなりたい。



さて、3月5・6日のPIG'S TAIL祭まで、既に2週間を切った。二日間で総勢29組のバンドが出演するだけでなく、各種ブースも充実している、超絶長丁場イヴェント。これを体験しないことには、春を迎えられない‼︎


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




不定期連載シリーズ 新宿URGAで出会ったバンド達 vol.1 THe Jet's

5月31日に閉店してしまう新宿URGA。個人的には、2001年にあるバンドのワンマンに行って以来、URGAには15年間通い続けて来た計算になる。一時期は週に何度も足を運んでいたぐらいで、軽く100回はURGAに行っている。

当然、いろんなバンドと出会って来た訳だが、これから当blogでそんなバンド達を紹介していく不定期連載シリーズをやっていこうと思う。ただ、あくまで気分次第なので、シリーズ化出来るかは不明だが(笑)。


その栄えある第1回目は、我が日本一の腐れ縁バンド・THe Jet's。

2004年1月21日、連中は此処・新宿URGAで産声をあげた。

筆者が初めてTHe Jet'sの連中に出会ったのは、その2カ月後の3月25日。たまたま別のバンドを観に行ったら、連中が出ていた。

その時、何故か「このバンドは、自分にとって運命のバンドだ。これから何かと縁があるに違いない」と感じてしまった。そんなことを思ったバンドは、後にも先にもTHe Jet'sだけだ。もっと格好良いバンドは星の数ほどいるのに、連中には「THe Jet'sじゃなきゃ駄目なんだ」と思う“何か”があった。


今までいろんなハコでそのステージを観てきたが、やはりURGAで観るのがいちばん好き。他にもっとお洒落で綺麗で広くて、観やすいハコはたくさんあるのに、URGAで観るTHe Jet'sのステージは格別だ。

だから、結成10周年の時にワンマン・ライヴがURGAで開催された時は本当に嬉しかった。

15周年の時もまた此処でワンマンをやるのかもしれない?と、秘かに「妄想DRIVE」していたのだが(笑)、発表されている通り、5月31日に閉店してしまう。

URGAはTHe Jet'sの連中にとっても故郷みたいな場所だから、閉店はとても残念だと思っていたら?


5月31日。まさに閉店の日。THe Jet'sのワンマンが開催されるとのこと。閉店は寂しいけれど、最後に大きな花火を打ち上げられた気分だ☆


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




あと何回、新宿URGAに行けるだろうか

5月31日に閉店してしまう新宿URGA。

それ迄あと何回、URGAに足を運ぶことが出来るだろうか? 何回行けるか分からないが、たとえライヴに間に合わず挨拶しか出来ないにしても、可能な限りは足をはこびたい。


この記事中の写真は、PUNiKのヴォーカル&ギターのTaguちゃん。PUNiKもURGAで初めて出会い、URGAでよく鉢合わせして来たバンド。勿論、この写真もURGAで撮ったものだ。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




武装衝突

武装衝突のステージを初体験したのは5年前の夏、大阪の難波Mele。当時、筆者がお世話になっていたweb magazine『NO!』の取材で、そのころ闘病中だったREBEL★ACTION TERADA企画イヴェントのライヴ・レポートの記事を書くため現地に向かった。そして、その日は武装衝突も出演していたのだ。

前ベーシストの衝ちゃんがいた時代で、まだピンクのモヒカンがトレードマークだった頃。

以降、都内でも関西でもよく武装衝突とかち合うようになった。

やがて月日が流れるうちに弦楽器隊が変わり、ギターにハクイダイスケが、ベースに元REBEL★ACTIONのドイフミオが、現在の武装弦楽器隊だ。

地元・関西だけでなく、都内でのライヴも比較的多く、今年に入ってからはまだ2月なのに既に2回の東京ライヴを行なっている。しかも2回とも初登場のハコだった。東京でも彼らの認知度が高まりつつあるのを、実感しつつある今日この頃である。



そして、先日は彼らのホームグラウンドである神戸での革ジャン限定フリーギグ。もう奴らときたら、やる事なす事全てが無謀と言うか、馬鹿と言うか、物好きと言うか、時代錯誤と言うか、何と言うか(笑)。


さらに、来たる8月6日に再び神戸で何やら楽しい悪企みをしているらしい。昨年は8月9日=PUNKの日に自主企画イヴェントをやっていたので、今年も同じ日にやるのか?と予想していたら、今年は8月6日=PUNK ROCKの日で、去年とは違う事をやるようだ。

一年のうちで最も暑い猛暑真っ盛りにPUNK ROCKをブチ込んでくる武装衝突。やはり最高だ‼︎



【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




新たな物語

時々、BURNING SOULのヴォーカル・写楽さんのブログに写真を載せてもらう機会がある。彼のリリックにも似た言葉の断片と一緒になると、写真が命を吹き込まれた様に思えてしまう。

写真が意志を持って歩き出し、撮った自分自身でも気付かなかったような色彩や感触を生み出している。

そんな時、写真は生きている、と実感させられるのだ。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan









記憶

先日の東京・大阪ライヴで男の花道を飾った、THe Jet's ドラマーの勝志。

それで今までの思い出を振り返ってみたら、こんな写メが出てきた(左から、まだバンドに加入する前の勝志と、THe Jet's ヴォーカルの孔世)。

この写メを撮ったのは、THE TALKIN' BABY最後の東京ライヴの場となった、新宿URGA。この日はTHe Jet'sも一緒に出ており、THE TALKIN' BABYのステージに孔世がスペシャル・ゲストで登場して、清正(Vo&G)とツイン・ヴォーカルで歌っているのを観た憶えがある。

ライヴが終わった後に、勝志本人からTHE TALKIN' BABYは解散すること、そして「俺は生涯THe Jet's ドラマー」発言を聞いた。今となっては、突っ込みを入れたくなるような台詞だ(笑)。


この写メを撮った新宿URGAも、来たる5月31日にはTHe Jet'sのワンマンで閉店してしまうのだけれど、大切な記憶は消える訳がない。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan





当サイトのタイトルは『RED ZONE』、読んで字の如く、シンボル・カラーは赤色だ。しかし、実は青色の効いた写真が好きだ。日頃から、モノクロに少しばかりの青を混ぜた色合いに仕上げる癖がある。

サイトのタイトルやシンボル・カラーとは矛盾しているかもしれないが、いつかこの「青色」をテーマにした写真展をやってみたい。

過去に4回、東京ビッグサイトで開催されている総合アート・イヴェント『DESIGN FESTA』に出展してきたが、今度は趣向をがらりと変えて、梅雨が明けるぐらいの時期に、ふらっと立ち寄りやすい立地にあるギャラリーで開催してみたい。

それとは違うテーマでもやってみたいし、やりたいことは山ほどある。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




PUNiKのライヴ撮影とジャケ写撮り

2月14日。この日はPUNiKのライヴ撮影とジャケ写撮りで、新宿URGAへ。

URGAは昨年暮れのカウントダウンライヴで、同じくPUNiKを撮った時以来で、久しぶり。

対バンは、初見だが非常に格好良いバンドや、玄人技のプレイを聴かせてくれたバンド等、いろいろ。PUNiKはトリで登場。今回は暴れん坊なお客さんがいなかったのと、ステージ前の柵が外されていなかったのが残念だったが(笑)、その激しいステージは大好評だった様子。

年に数回は海外ツアーに出ている彼らだが、今年はイギリスや韓国も周るとのこと。海外ツアーに同行して、その模様を撮りたいと、秘かに夢見ております。いつか必ず、日本とは違う国でのステージや空気を、是非とも体感してみたい。


最後に。記事中の3人写っている写真は4分の3 PUNiK。写す際にベースのNigelがいなかったので、4分の3になってしまった。でも、ライヴ写真と、ジャケ写用に撮った写真は勿論メンバー全員で写っているので、お楽しみに。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




武装衝突写真展

2月13日。行けなかったけれど、この日は神戸で武装衝突のワンマン・ライヴが開催された。それも、真冬の革ジャン限定フリーギグ。革ジャンを着用していない人は入場をお断りするという、時代錯誤も甚だしいワンマン。

そして、このライヴと同時開催されたのが、『武装衝突写真展』。展示用の写真を募集していたので送った。ひとり2点までだったので、選ぶのにかなり悩んだ(笑)。


この日のライヴに行かれた方から、写真展の画像が送られて来た。しかも、撮影者の名前入り。こういうのってやはり嬉しいし、良い思い出になった。行かなかったのに(笑)。


この写真展に限らず、今までの動向から察するに武装衝突は「オーディエンスと一緒に何かを作り出していく」のが好きなバンドに身受けられるのだ。


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan




5日の高円寺ミッションズで撮った写真は近日公開予定

現在、今月5日に高円寺ミッションズで撮った写真の作業中。

THe Jet'sを始め数組を撮影したら、予想を超える枚数に達してしまい、自分自身で驚いている。

その中から何枚の写真を公表出来るかはまだ分からないけれど、良い場面をたくさん撮る事が出来た。とくにTHe Jet'sは、ドラムの勝志在籍時の都内ラスト・ステージということもあり、凄まじい枚数を撮影した。THe Jet'sと筆者は12年来の腐れ縁、勝志とは11年来の腐れ縁なだけに、込み上げてくる気持ちに比例して、たくさん撮り過ぎてしまった。

撮った写真をメンバーや他の誰よりも真っ先に観ることが出来るのは、撮った者だけが味わえる醍醐味だ(笑)。その喜びを噛み締めながら、現在準備中。

記事中の写真は、THe Jet'sのライヴ時のひとコマ。ダイブする人が続出するほどの大盛況ぶりだった。


※なお、下記のリンクより、5日の関連記事の閲覧が可能です。各記事には、近日photoコーナーに掲載予定の写真とは異なるカットも数点載せておりますので、併せてご覧いただければ幸いです↓



★blog

THe Jet's 年明けライヴ…http://blogredzone.blog.fc2.com/blog-entry-351.html

男の花道…http://blogredzone.blog.fc2.com/blog-entry-352.html


★live review

http://livereview.exblog.jp/22387438/


★rocker's voice

http://rvoice.exblog.jp/22386968/



【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


当RED ZONEでは、ライヴ撮影、アー写撮影等、撮影の御依頼を随時受け付けております。


ライヴ撮影の場合はスタッフパスの発行をお願いします。

その他詳細は応相談。redzone2009@live.jp迄どうぞ御気軽にお問い合わせください。

RED ZONE arachan