blog

2016年07月の記事

LOOSE RIDERのHIROさん、7年ぶりの復活‼︎ 〜 ちゃ~り~BIRTHDAY企画 スペシャルライブイベント 炎のロックンロールvol.10 前編

7月23日。この日はギタリストのちゃ〜り〜さんの50才生誕祭が新宿JAMで行なわれた。

まずは、文章が長くなるので、前後編に分けて書きたいと思います。前編はちゃ〜り〜さんが参加しているLOOSE RIDERについて、たっぷりと。

今回は、ドラムのHIROさんが7年ぶりに復活したステージ。そんな訳で、当時のLOOSE RIDERの記憶がいろいろ甦ってきた……‼︎ 彼の参加している音源だったり、その頃は3人編成でやっていたことや、新宿LOFTで目撃した自主企画イヴェント『RIOT OF WOLF』だったり、いろいろ。そして、彼が持病でステージに立てなくなった時、THe Jet'sの大野勝志がサポートを務めた初ライヴは高円寺ミッションズで、ヴォーカリストのTAKEOさんが「(HIROも含めて)4人で、このステージに立っている」とMCしていたことも。

それから年月が経ち、サポート・ドラマーも何度か変わり、バンド自体が3人編成から4人編成に形を変えていった。

正直、HIROさんがステージに立つことはもうないのかな?と思っていただけに、今回の復活はとても嬉しかった。

彼が叩いていた時代の曲もやらないか?と、内心期待していたら、一曲目に持ってきたのは「遥かなる空」。これには歓喜した……‼︎

そんな懐かしい曲も挟みつつ、ライヴでお馴染みの曲、それから12月の15周年ライヴに発売されるアルバムのタイトル・チューン「不屈」も演奏され、この4人で出す音は間違いなく現在のLOOSE RIDERだ。


このステージが終わった後、今度はTAKEOさんとギターのYOU-KIさんがサブステージで弾き語り。ラストにやったRCサクセションの「雨上がりの夜空に」でTAKEOさんはノリノリの勢いでで、お客さんたちを捕まえてはマイクを向け、一緒にサビの部分を歌っていた(笑)。


さて、そんなLOOSE RIDERの次の予定は下記参照。

9月9日 荻窪club doctor

『LOOSE RIDER TAKEO企画 「バリよかナイトvol.12」』を開催する。

☆出演
LOOSE RIDER
Brave Monkeys
BC5AM

<DJ>
Z(高円寺海賊放送)

オープン18:30/スタート19:00
前2.800当3.300(+1d\500)
happy hour 18:30-19:00 +\1.000→3d!!!

LOOSE RIDERの出演予定時刻は20時40分頃から。

なお、この日もHIROさんが叩くとのこと‼︎

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

スポンサーサイト

孔世(THe Jet's)

孔世。

ご存知、THe Jet'sのヴォーカリスト。リーゼントと赤いジャケットのよく似合う男だ。

バンドとしてもステージに立っているが、時々ソロで弾き語りライヴも行なっている。

初めてのソロ・ライヴは2006年、今は無き新宿URGA。急遽決まったライヴだったこともあり、その瞬間を目撃出来た人は僅かだった。メンバーですら観ることが出来なかったほど。とにかくハラハラさせられた。でも、ギターのチューニングが出来なくても弦の張り方が違っていても演奏が心もとなくても、そんなことが気にならないぐらい「唄」として成り立っていたのは流石、孔世Jet's。ARBの「魂こがして」をアカペラで歌うのから始まり、数曲ARBの曲をやったのを憶えている。ライヴ後、彼にラーメンを奢ってもらったものの、心がお腹いっぱいで食べきれず、彼に残りを食べてもらったっけ(笑)。


それから彼はソロでもやるようになった。バンドは今年で結成12年だが、彼のソロは今年で10周年。


さて、そんな孔世の次なるソロ・ステージは8月26日 西横浜EL PUENTE。PUNK DISCO主催イヴェントに登場する。その日の面子では唯一の単独アーティスト。彼がどんなステージを魅せてくれるか、想像しただけで心の温度が上がってくる☆

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

BACK TO ALLEY

夏休みのつもりで、意図的に少し休んでいた今日このごろ。

普段やらないことをやったり、溜め込んだままだった写真の作業に取り組んだり。そんなゆったりとした時間を過ごしてきた。


でも最近になり、そろそろそれにも飽きてきたのも本音。だけど、理性がそれを邪魔していた。


しかし、一本のメールがそれを打ち砕いた。

メールが届いた瞬間、心に火花が飛び散ったのだ。その他にも、あちこちで新しい刺激がパチパチと音を立てて蠢き出しているのを感じている。

どうやら短い夏休みはもう終わりらしい。

これから目まぐるしい日々が訪れる。真夏本番、熱いライヴを撮る日々の始まりだ。

そんな訳で、撮影の御依頼は随時受け付け中です。宜しくどうぞ‼︎


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

works

当サイト内の「works」にて、今までの文章や写真の掲載履歴を載せております。

2010年12月~2012年夏までの間、ミュージックウェブマガジン『NO!』にて、ライヴレポート・音源レビュー・インタビュー・アーティスト紹介の記事を書いてきました。

その当時の記事のリンクを当サイトworks内に貼っていたのですが、最近『NO!』アドレスが変わってリンク切れとなってしまいました。残念ながら、もう閲覧出来ません。

今となっては事前にデータを保存しておけばよかった、と悔やむばかりです。

しかし、雑誌『DOLL』のバックナンバーをお持ちの方で、下記の号が手元にあるという方は是非ご覧ください。当方の書いたライヴレポートが掲載されております。


2009

『DOLL』2009年6月号GIG REVIEWS

3/22 大阪Rock Rider『LET'S ROCK VOL.9』(出演★ REBEL★ACTION/ザ・ダラーズ/THE KICK ROCK/単クランプス/THE★RIOTS/DJ:Cockney accent's)

2008

『DOLL』2008年11月号GIG REVIEWS
8/10 大阪Rock Rider『LET'S ROCK VOL.8』(出演★ REBEL★ACTION/THE GLIMPS/村上“アッシュ”篤史/6L6/THE CABINETS/DJ:Cockney accent's)


『DOLL』2008年2月号GIG REVIEWS
11/29 新宿LOFT『「TOMAHAWK NIGHT」THE TIGER BOSEレコ発ツアーファイナル』


2007


『DOLL』2008年1月号GIG REVIEWS
10/27 大阪Rock Rider『LET'S ROCK! VOL.6』(出演: REBEL★ACTION/THE GLIMPS/gangsters/THE TALKIN'BABY/松岡直樹)


2006

『DOLL』2006年7月号GIG REVIEWS
4/23大阪Rock Rider『LET'S ROCK! VOL.4』(出演★ REBEL★ACTION/直交クランプス/ANGERS/BADWHERE/BEAT☆SOUL/gangsters)


【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

西横浜EL PUENTE

ライヴバー・西横浜EL PUENTE。此処はスペイン料理を提供しているお店。最大キャパは60名程度で、ステージとフロアの段差はなく、間近でライヴを観ることの出来る場所。

筆者が此処を初めて訪れたのは、5月22日のPUNK DISCO初の自主企画イヴェント『DISCO PUENTE』。撮影で呼ばれて、足をはこんだのだ。ただ、その日はADEM TO HELL(Vo&B)が扁桃腺炎に罹り、無念の出演キャンセル。しかしながら、各出演者のステージで楽しく盛り上がったのだった。

その日の出演者だったGRESTは、MVを撮るため此処・EL PUENTEを最近訪れたらしい。

それを知り、あの日のPUNK DISCO出演キャンセルは非常に残念で仕方なかったのだけれど、この場所で繋がった縁を嬉しく思ったのだ。両バンドには、今度こそ対バンを実現してほしい……‼︎


さて、来たる8月26日。PUNK DISCOは2度目の『DISCO PUENTE』を開催する。さらに、9月にも開催する。PUNK DISCOがきっかけで出会った素敵な場所、西横浜EL PUENTE。これからも宜しく‼︎

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

3年

とあるロッカーが星になって、ちょうど3年が経った。

振り返ってみれば、長かったようでもあり、あっと言う間の3年間でもあり、とにかく未だに信じられないという気持ちが、心の何処かにある。



悲報を知った日の夜、身体が宙を浮いているような、霧の中を歩いているような、非現実な感覚を抱えながら、誰かのステージを観に高円寺ミッションズまで足をはこんだ。此処は彼が療養生活から復帰後の初東京ライヴの場所だったことを思い返しながら、高い天井のステージをぼんやりと眺めていたっけ。ライヴ後、ミッションズの前でその日の出演者や見知った顔の面子と立ち話をした憶えがあるが、何しろ放心状態だったので、何を話したか全く記憶がない。

翌日。本来なら彼のバンドが新宿URGAでライヴをやる筈だった日、彼は荼毘に付された。それを会場に向かう電車の中で知り、いたたまれない気持ちになった。その日の各バンドのステージを撮ってはみたが、悲惨な精神状態での撮影だったのでボツにした。

その後しばらく、青空を見上げては「彼は天に昇っていってしまったんだ……」と思う日々が続いた。


それから後、たまたまタイミングが合い、彼のご自宅にお線香を上げさせていただく機会に恵まれた。お仏壇の前にはお骨があり、本当に彼は旅立ってしまったことを実感した。短い時間だったけれど、彼のご両親にお会いし、お話させていただくことが出来た。

彼がいないバンドのライヴを観た。楽器隊3人でのステージ。彼のいない現実に、改めて寂しくなった。

翌年初頭。彼のお母さんが亡くなった。奇しくも、彼と同じ病気だった。ひとり残されたお父さんを思う時、世の不条理をおぼえずにはいられない。

三日間かけて、彼の追悼ライヴが行なわれた。総勢30数組のアーティストが出演した。彼のバンドも出演したが、この時は彼自身もメンバーと一緒にステージに立っているような気がした。また、この追悼ライヴのイヴェントTシャツとバックドロップに、筆者の撮った写真を使ってもらえて驚いた。

その他にも、毎年彼の誕生日の時期になると『感謝祭』が開催されたり、現在は月命日の10日になると、オフィシャルブログ上で闘病記が掲載されるようになっている。さらに、彼と縁のあるアーティストが各自で彼への気持ちを表現したりしているのを見かけると、3年経った今も、そしてこれからも、彼のことは忘れられず人の心に残っていくのだと思えてくる。






【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

ROCK特区FUSSA

7月10日。この日は福生市多摩川中央公園げんき広場にて、野外イヴェント『ROCK特区FUSSA』が開催された。

この『ROCK特区FUSSA』 とは、UFS=UNITED FUSSA SYNDICATE とは...東京都福生市でイベント活動を展開していた【衝動戦車】マネ/シンゴ と、福生市にてLIVE活動を開始していた【ANTI-PRIDE】YUKI が「LIVEHOUSE、イベンター、バンド、アーティスト、音楽・LIVEが好きな人、福生に興味がある人、特技がある人、etc...福生で何かやろうとしている人、皆でたまに何かやれないかな? 何かやろうとしている人に協力できたりしないかな? 何かやろうとしている人と協力できないかな?」と話し、立ち上げたイベント集合体。その彼らが、このたび満を持してスタートさせた野外イヴェントなのだ。


久しぶりのa.s.a.n、野外もよく似合う。何処にいても人目をひく二人だ。非常に贅沢な空間を味わうことが出来て、幸せな気分になった。

名古屋からはJASONS。そのバンド名から窺えるとおり、某ホラー映画を連想させるマスク姿で登場‼︎ ギターの人が元GUSUSの人だった。

ANTI-PRIDE始め、PIG'S TAIL祭などによく出ている面子のステージも堪能出来た。

そして、トリは衝動戦車。初見のバンドだが、PUNK好き、とりわけSA好きなのが伝わってきた。SAやCRASHやその他PUNKの名曲のカバーを演奏。ステージの上に上がり出すお客さんも続出して、真夏の野外にふさわしい、熱気溢れるステージだった。


福生は今まで殆ど行ったことのない場所だが、この福生のシーンを盛り上げようと頑張っているバンドや表現者たちがたくさんいることを目の当たりにすることが出来た。各バンドのステージだけでなく、模擬店の出店もあり、各種フードを楽しむことも出来て嬉しい。

「また福生に来るよ」と呟きながら、会場を後にした。

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/


デビュー曲

あるバンドのメジャー・デビュー曲の話。

そのバンドはデビュー当時、アルバムのレコーディングを外部ミュージシャンの演奏に差し替えられたり、望まない髪型や服装を強制されたり、とにかく不遇の時代だったらしい。それはデビュー・シングルに関しても同様で、曲や歌詞を書いたのはメンバーではなかった。

そんな経緯もあり、そのデビュー曲は長らく封印してきた。

しかし、ある時からアレンジを変え新たに録り直したものをアルバムに収録したり、ライヴでやるようになった。彼ら自身の手によって、忌々しい封印は解かれたのだ。

悲惨だったデビュー当時のライヴ映像と後年のライヴ、その両方を観るにつけ、とても同じバンド・同じ曲とは信じがたいほど。前者はどこか虚ろで冷たい印象だが、後者は解放感に溢れていて伸びやかな雰囲気に変わっていた。そういう心の変化はメンバーの表情やステージにもダイレクトに出てしまうもの。

デビュー当時のヴァージョンと新録ヴァージョン、その両方を改めて聴き返してみたが、やはり新録ヴァージョンに惹かれる。そこにバンドの意志を感じるからだ。

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

暴れん坊どもの巣窟

今月1日の新大久保EARTHDOMでは、PUNK DISCOとsalomeとPUNiKを撮った。

その他のバンドも少し撮ってみたが、やはり最初から最後まで撮るのが良い気がして、敢えてボツにした。次回はそのバンドをしっかり撮りたいと思う。

さて、冒頭に書いた3組の写真が、ようやく昨日完成した。各バンドのステージはもとより、オーディエンスの暴れっぷりも最高だった。まさに暴れん坊どもの巣窟だったのだ。

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

GOD SAVE THE PUNKS VOL.4

7月9日。この日は高円寺ミッションズでThe CALLINGS企画『GOD SAVE THE PUNKS VOL.4』(以下、GSTP)が開催された。

この日は、出演するはずだったTHE→CROSS COUNTERが、メンバーの交通事故により出演キャンセルになるというアクシデントに見舞われたのが残念だったが、最高な面子がそれぞれ最高のステージを魅せてくれた。


一番手は謎のバンド・昭島コーリング。昭島で生まれ育ったThe CALLINGSのBILLY(Vo)とALLY(G)とYOLLY(B)、それからJOHHEY(Ds/マルコ&シープ)の四人組。昭島という土地をテーマに、思わず笑ってしまう内容の歌詞が光る曲をやった。なお、このバンドは企画の時限定でやっていくつもりらしい。

続いてはTHE CLARENCE。今回は暴れん坊度は控えめな印象だった。いつもならグリコ(Vo&B)がフロアにダイブしたり、お客さんがステージに上がり込んでくるのだが、それがなかったので不思議な感覚。でも、激しいステージは健在だった。

夏が大好きなザ☆ペラーズは夏を意識したセットリスト。一曲目の「HELL MORNING」から盛り上がった。現在、彼らはレコーディング中とのことで、何かと楽しみだ。

トリ前のHOT&COOL。問答無用の格好良さに、満員のフロアはたちまち熱くなる……‼︎

そしてトリのThe CALLINGS。「WORKING CLASS ALRIGHT」や熱い拳のナンバー「UNITED BOYS」等、そのステージは最高に盛り上がった。アンコールでは、バンド名の由来にもなっているジョー・ストラマーに捧げた曲「不屈のパンクロックスター」を久しぶりに披露。GSTPの夜を締め括るのはこの曲以外あり得ないと思えるほど、ドツボにくるラストナンバーだった。

今回のGSTPは4年ぶりに開催したとのことだが、今後は定期的にやっていくとのこと。あと、欲を言えば、4人編成に変わってからの音源も期待したいところだ。

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/


PUNK nuts Party Vol.92

7月2日。この日は高円寺ミッションズで『PUNK nuts Party Vol.92』。

DJはお馴染み、ビッグなTAKA!さん。


THE DOG STAR BABIES。5月の初ライヴから2カ月が経ち、ヴォーカルのSIN-DYさんのポーズ(見てのお楽しみ)も、磨きがかかってきた様子。今後の悪だくらみが楽しみだ。

THE MARRY RASCALS。ロマンチストのギタリスト・下田好太が参加しているバンドだと、この日初めて知った。アニメ『あらいぐま ラスカル』のテーマ曲がSEの可愛らしいバンド。

TOO LATE xxx ASIA。最近ドラマーがThe STRUMMERSの岡田誠一郎氏に変わったとのことで、現編成での都内ライヴは今回が初。The STRUMMERSのギタリスト・AKITO氏が、そのステージを観に来ていた。

仙台のTHE SHADOW。今年3月のワンマン以来の、都内ライヴ。ちなみに今回は諸事情により四人編成。


この日はなかなか良い面子だっただけに、ちょっぴりお客さんの入りが芳しくなかったのが勿体無い気がした。

【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/

PUNiK 『FUCK YEAH‼︎』

7月1日より発売されたPUNiKの2nd アルバム『FUCK YEAH‼︎』ジャケット内に、アーティスト写真を使っていただきました。

ジャケット写真にもなっているものは新大久保EARTHDOMで撮ったもの。裏面のショットは今は無き新宿URGA近辺で撮影したもの。そういえば、PUNiKと出会ったのも新宿URGAだった。


PUNiKは現在の四人編成になって約3年。その間、無料配布音源を出してはいるが、公式の音源としてはこれが初。今の彼らの爆音を感じるには、これがマストだ‼︎



【 撮影の御依頼随時受付中‼︎ 】


ライヴ撮影・アー写撮影・ダンス等、各種撮影の御依頼を承ります。
撮影案件の詳細は応相談。お問い合わせ・御依頼は下記サイトのTOTAL INFO迄。

arachan(RED ZONE)

http://redzoneredzone.jimdo.com/