blog

2018年08月の記事

イマオカトモミ強化月間

7月はイマオカトモミとやたら鉢合わせした月だった。

まず、7月2日に渋谷CYCLONEでの弾き語り、それから14日には早稲田ZONE-BではTHE DOG STAR BABIESで、その2日後の16日には新宿LIVE FREAKで弾き語り。特に16日はステージ転換のたびに登場しており、「もはやイマオカトモミ祭りか⁉︎」という感があった。

短期間に頻繁なペースで鉢合わせしてきたので、たくさん彼の写真を撮ってきた。あまりに撮りすぎたので、「イマオカトモミはもぉええ、お腹いっぱいや」と呟きたくなるほど(笑)。

でも、8月も、その以降も、何回か鉢合わせする撮影予定が入っているので、またまた「イマオカトモミはもぉええ、お腹いっぱいや」と呟きたくなるに違いない。

【 写真撮影承ります 】

当RED ZONEでは、写真撮影のお仕事のご依頼を、随時受け付けております。条件面の詳細は応相談。

【 撮影者プロフィール 】arachan(RED ZONE)。東京都内を拠点に、ライヴやダンスを撮影。
【 スタッフパス 】ライヴ撮影の場合はスタッフパス必須。
【 撮影料 】案件によって異なります。例:ライヴ撮影の場合、単独・ワンマン・イヴェント通し撮影の何れかになりますが、案件によって値段が変わってきます。要問い合わせ。
【 ご依頼・お問い合わせ 】ご依頼・お問い合わせは、ご依頼される方のお名前やWebサイト等、撮影ご希望の日時や場所ならびにご希望の撮影(例:アー写撮り等)を、メールにご記載ください。
【 納品 】写真データは、メールでファイル転送データとして送ります。メール記載のURLからダウンロードが可能です。

http://redzoneredzone.jimdo.com/

20180804130346806.jpeg
スポンサーサイト

The Eastern Monkeys presents 『狼煙 Vol.2』

7月16日。この日は新宿LIVE FREAKにて、The Eastern Monkeys企画 『狼煙 Vol.2』を撮影させて頂いた。

今年4月に企画第1回目を、翌月にはレコ発ライヴを行なってきた彼らだが、自ら主催のライヴだけではなく、日頃からバンド・弾き語り共に驚異的なペースでライヴ活動を繰り広げている。

『狼煙』第2回目となる今回のトップバッターはJack Chicken Strippers。はじけるロックンロールで楽しませてくれた。

イマオカトモミはメインステージの各バンドの転換時に、サブステージで弾き語りをやっていく。SIONの唄、またまたCOOKAIをやったり(COOKAIの曲はよくカバーをしているとのこと)、既に解散した自身のバンド・hillbillyのナンバーを披露。また、彼は歌うだけでなく、巧みな話術で次に登場するバンドの紹介をしたりと、名MCぶりを発揮。

PUNK DISCOとMILK SNAKEは2日ぶりの再会。

Ghetto。張り詰めた空気、狂気を孕んだ表情を時折覗かせるメンバーたち。

そして、The Eastern Monkeys。いつも一曲目にやるのが、イヴェント・タイトルにもなっている「狼煙」。それは今回も同様だが、より力強く心に響いた。その他にも、印影に飛んだ楽曲で席巻していく。

飽くなき挑戦を繰り返している彼らの、さらなるチャレンジは、来たる9月16日に此処・新宿LIVE FREAKで行なわれる初ワンマン。勿論、その前にも後にもたくさんのライヴが予定されている。The Eastern Monkeysは常に目が離せない、そんな存在なのだ。

【 写真撮影承ります 】

当RED ZONEでは、写真撮影のお仕事のご依頼を、随時受け付けております。条件面の詳細は応相談。

【 撮影者プロフィール 】arachan(RED ZONE)。東京都内を拠点に、ライヴやダンスを撮影。
【 スタッフパス 】ライヴ撮影の場合はスタッフパス必須。
【 撮影料 】案件によって異なります。例:ライヴ撮影の場合、単独・ワンマン・イヴェント通し撮影の何れかになりますが、案件によって値段が変わってきます。要問い合わせ。
【 ご依頼・お問い合わせ 】ご依頼・お問い合わせは、ご依頼される方のお名前やWebサイト等、撮影ご希望の日時や場所ならびにご希望の撮影(例:アー写撮り等)を、メールにご記載ください。
【 納品 】写真データは、メールでファイル転送データとして送ります。メール記載のURLからダウンロードが可能です。

http://redzoneredzone.jimdo.com/


20180804124911779.jpeg