blog

2018年10月の記事

来年のPIG'S TAIL祭は7days〜長丁場は続く これからも〜

毎年春恒例の超ウルトラスーパー長丁場イヴェント『PIG'S TAIL祭』(以下、祭)。

同祭には、2011年秋のリベンジ祭(※この年は東日本大震災により中止になってしまった為、秋にリベンジ祭として開催された)から毎年足を運んではたくさんの出演者達を撮り続けている。

この祭を体感しないことには春を迎えた気にはなれないし、祭に通い撮り続けること自体が、自分自身の中では既にライフワークと化しているのだ。

今年は14周年で五日間の開催だったので、来年の15周年はさらなる長丁場を期待していた。「HORI-CHOさんなら絶対やり遂げる筈だ」と信じて疑わなかった。

勿論、HORI-CHOさんは期待を裏切らなかった‼︎ 来年は7日間やるとのこと。長丁場に次ぐ長丁場、素晴らし過ぎる。流石に全日は通いきれないけれど、通える限りは通い続けて、撮って撮って撮りまくりたい。

また、これは祭に出ていたバンドの人が語っていたことだが、彼のことを「HORI-CHOさんは人と人を結びつける人」と評しており、その言葉に深く同感した。それからもう何年か経つが、未だにその気持ちは変わらない。実際、祭が縁で、たくさんの出演者たちやポールダンサーやDJや各出店ブースや同業者(カメラマン達)と出会うことが出来た。

そんな訳で、来年の祭でもまた、新たな出会いを期待しているし、久しぶりに再会する人や、よく鉢合わせする人や、そして1週間全部、声がガラガラになるまで祭を盛り上げているであろうHORI-CHOさんに会って、その光景をたくさん写真におさめたいと思う。

と、その前に、来月のHORI-CHO生誕祭と再来月の年末祭も控えているので、そちらも楽しみ。勿論、それ以外のライヴでも彼のバンドに会えるので、楽しみは尽きない。

とにかく長丁場は続く、これからも。

【 写真撮影承ります 】

当RED ZONEでは、写真撮影のお仕事のご依頼を、随時受け付けております。なお、2019年1月以降の案件につきましては撮影料を一部改訂します。決まり次第、またお知らせ致します。

【 撮影者プロフィール 】arachan(RED ZONE)。東京都内を拠点に、ライヴやダンスを撮影。
【 スタッフパス 】ライヴ撮影の場合はスタッフパス必須。
【 撮影料 】案件によって異なります。例:ライヴ撮影の場合、単独・ワンマン・イヴェント通し撮影の何れかになりますが、案件によって値段が変わってきます。要問い合わせ。
【 ご依頼・お問い合わせ 】ご依頼・お問い合わせはredzone2009@live.jp迄。撮影をご依頼される方のお名前やWebサイト等、撮影ご希望の日時や場所ならびにご希望の撮影(例:アー写撮り等)を、メールにご記載ください。
【 納品 】写真データは、メールでファイル転送データとして送ります。メール記載のURLからダウンロードが可能です。

http://redzoneredzone.jimdo.com/

2018100506533146c.jpeg
スポンサーサイト