2018/07«│ 2018/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/09
12:36:38
12月16日。この日は新宿LIVE FREAKにて、THE CLARENCE企画『Let's Underground Vol.10』。早い時間からたくさんの格好良いバンドが多数登場した夜。


また、この日の面子は、一昨年にリリースされた、THE CLARENCEを始めとした3ピース・バンド限定オムニバス・アルバム『Let's Underground』に参加したバンドも多数出演。そのせいかどうか、バンドによってはちょっぴり懐かしい選曲だったりで、何かと楽しかった。


ここで、個人的なことを書くと、残念ながら時間に遅れてしまい会場に着いたのが、ちょうどイヴェント後半戦が始まる時間帯だったが、それでもたくさんの格好良いバンドのステージに出会えた。


まず、HOWLING GUITAR。その場に立っているだけでも画になるメンバー達。ステージに立つとその存在感はさらに色を増していた。


ロカビリー・バンドのHot Dog Buddy Buddy、この日がデビュー・ライヴのフルダヌキ、久しぶりのUppersはドラマーがsexyな女性に変わっていた。

トリ前はSalome。今回「FUZZY BLUE」からのスタートには意表を突かれたが、この曲がオムニバス盤に入っていた曲だということを思い出した。また、同じく同盤に収録されている「ディアブロシェイキン」もやった。彼らについて語り出すとキリがないので、この続きは次回のブログにて。


そして、お待ちかね、THE CLARENCE。新ドラマー加入後、ライヴを重ねてきて、だんだん今の彼らの色が出てきたように思う。ドラマーが変わると随分バンドの音が変わるのだと実感した。また、この日はヒカル(G&Vo)の子供が生まれる予定日の筈だったけどまだ生まれてない報告や、新曲の披露もあったり、年明けライヴの告知もあったりと、盛りだくさん。来年の1月13日は早稲田ZONE-Bにて、この日の出演者だったTHE→CROSS COUNTERとの共同企画イヴェントをやるとのことだ。

【 撮影のご依頼随時受付中 】

当RED ZONEでは、ライヴやダンス、大道芸、アー写などの撮影のご依頼を随時受け付けております。
ライヴ撮影の場合は、スタッフパスの発行をお願いしております。
また、撮影案件の詳しい条件面等につきましても、下記までご気軽にお問い合わせください。


【 TOTAL INFO 】
arachan(RED ZONE)
redzone2009@live.jp
http://redzoneredzone.jimdo.com/

スポンサーサイト

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--