2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
18:41:40
2017年の撮り納めは、12月30日の新宿ANTIKNOCKにて、長丁場で有名なPUNK SHOP 高円寺 PIG'S TAILの年末イヴェント。毎年春の周年祭や夏の堀ソニ、11月のPIG'S TAILのヌシ・HORI-CHOさんの生誕祭など、数かずの長丁場イヴェントが行なわれてきたが、意外にも年末にイヴェントを組んだことはなかった。即ち、これが、今回初の年末祭‼︎

まず、PIG'S TAILを筆頭に、各種ショップ陣。

それからメイン・ステージのHORI STAGEとフロア・ステージのKOICHIRO STAGEに分かれて交互にスタートするステージ進行。ポールダンサーも参加、事前に決まった出演者たちの時に登場する形での舞踏となった。

そして、今回の出演者は、総勢17組の面々が勢揃い。

トップは滅流辮。フード・ブースの滅流辮食堂でも参加していた、ヴォーカルの晃さんは、勢いのあるステージでポール・ダンサーと共に、イヴェント序盤を盛り上げる‼︎

続いては、ポエトリー・リーディングの浅葉爽香。まず、凄絶なまでの揺れ動く感情を赤裸々に表現した詩の世界。そんな彼女に、寄り添うように、なだめるように、解放するように、緊縛師の女性が縄で縛り上げ、蝋燭を垂らし、鞭打つ光景に、何故か癒やしと暖かみを感じた……‼︎

THE VOLTNUTSは明るくノリやすい曲でコール&レスポンスの効いた曲で楽しませてくれる。

ハードコア・バンド・VEins。心地よい轟音と、強面なメンバーと、幼い娘のコントラストが目を惹いた。

4組続いた後は、PIG'S TAILイヴェントに欠かせない存在のDJ 4。よく通る声、派手なジェスチャー、濃い顔の存在感は大きく、HORI STAGEが狭く感じた。ターンテーブルを廻すと言うよりは寧ろ、ライヴをやっているに等しいテンションだった。

大阪からはANTHELL。東京でのライヴ回数も比較的多く、確実に東京のファンを増やしている。暴れん坊なオーディエンスの熱気が最高だった。

BEBOPは、数年前に脱退したギタリストのボッスンが復帰した上にHORI-CHOさんがサポート・ベースで参加、5人のステージはとても壮観だった‼︎

最近メキメキと頭角を現してきているMorllyheads。上り調子のバンドの勢いを感じた。

2017年は幾つかの挑戦を繰り返してきたSalome。その一年の締め括りは、メンバーが時折ジャンプする等、キレのあるステージだった。2018年はさらなる飛躍が期待できそうだ。

MILK SNAKEは照明を落とした中で、一曲目から激しいステージでフロアをかき回す‼︎ 撮る側としてもドキドキさせられた。

大阪からANTHELLと共にやってきた、DJ OGUCCHI。大阪ではイヴェントをやったりDJをやっているが、東京では初のDJだという。しかし、そんなことを感じさせないほど、その場を盛り上げていた。

NOPLAY。個人的には、このバンドのステージをANTIKNOCKで観るのは2008年5月の活動休止ライヴ以来だったので、感慨深いものがあった。しかし、あれから既に何年も経ち、メンバーも変わったが、間違いなく現在を生きるバンドだと実感。

THE NEGATIVE MIND DISTORTIONは、吸引力の高いステージでオーディエンスを魅了。たちまちフロアはテンションの高い渦に飲み込まれる。

初登場のSWING。初めて聞く名前だと思ったら、まだ始まったばかりのバンドとのこと。今後が楽しみになってきた。

BURNING SOUL。珠玉のナンバーが続く黄金のセットリストに感涙。素晴らしいステージだった。

トリ前はThe トリコロール。先に出たBURNING SOULのステージが終わった瞬間を見計らったかのように、ステージ開始‼︎ これには、一気にハートを攫われた気分だ。抜群に活きの良いステージはトリ前の空間をさらに熱く盛り立てる。バンドの全てはステージにあるーーそんな当たり前だがとても大切なことを体感させた、会心のステージだった。

そして、大トリはCREAM PANDA。初っ端から尖った、熱気のある空間が繰り広げられる。昔からの古い曲から新曲まで、とにかく2017年のCREAM PANDAを総括するに相応しいナンバーで、そしてこれから始まる2018年の幕開けが楽しみになってきた……‼︎

また、PIG'S TAILイヴェント名物と化しているステージ終盤時のHORI-CHOさんの長〜いMCも飛び出た。たくさんの出演者、DJ、各種ブース、お客さん、会場etc〜。このイヴェントに関わった全ての人たちへの感謝の気持ちの言葉が述べられ、年末イヴェントは遂に幕を閉じた。

PIG'S TAILイヴェントらしい長丁場のイヴェントだったけれど、長丁場なのにちっとも長丁場と感じさせないぐらいにあっと言う間に終わってしまったので、終わった時は寂しくなってまた時間を巻き戻したくなってしまったのだ(笑)。

しかし、2018年も12月30日にまた年末イヴェントをやるとのことなので、安心した。いや、その前に、3月の14周年祭は5日間だし、夏のホリソニもあるし、11月の生誕祭が控えている。可能な限り、呼ばれなくても(笑)撮りに行く予定。とにかく2018年のPIG'S TAILイヴェントはさらに凄いことになりそうだ。

【 撮影のご依頼随時受付中 】

当RED ZONEでは、ライヴやダンス、大道芸、アー写などの撮影のご依頼を随時受け付けております。
ライヴ撮影の場合は、スタッフパスの発行をお願いしております。
また、撮影案件の詳しい条件面等につきましても、下記までご気軽にお問い合わせください。


【 TOTAL INFO 】
arachan(RED ZONE)
redzone2009@live.jp
http://redzoneredzone.jimdo.com/

【 撮影のご依頼随時受付中 】

当RED ZONEでは、ライヴやダンス、大道芸、アー写などの撮影のご依頼を随時受け付けております。
ライヴ撮影の場合は、スタッフパスの発行をお願いしております。
また、撮影案件の詳しい条件面等につきましても、下記までご気軽にお問い合わせください。


【 TOTAL INFO 】
arachan(RED ZONE)
redzone2009@live.jp
http://redzoneredzone.jimdo.com/

スポンサーサイト

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ