blog

ADEM & PONY presents singx2 death house【ウタイナガラシネ】

9月23日。この日は、ADEM(PUNK DISCO)とPONY BOY(ex.PUNK DISCO/THe Jet'sサポート・ドラマー)による弾き語り企画『ウタイナガラシネ』。下北沢ろくでもない夜にて、真っ昼間から太陽の陽射しが似合わない、ろくでもない奴らが勢揃いした。

PONY BOYは今回初の弾き語り。ギターを持つのは中学の時以来とのことで緊張気味。ソウルフラワーユニオンの「満月の夕」や、ラストは彼がは8月に脱退したPUNK DISCOのメンバー達に向けて、ARB「相棒」を歌った。



それから、この後にも別の会場でバンドでのステージを控えているThe Eastern Monkey sのヴォーカル&ギターの大和岳史が登場。

かずお爆弾は、弾き語りでもエレキギターを演奏するイメージがあったが、今回はアコギをかき鳴らしての歌唱。

高円寺の街並みが思い浮かんでくる曲「スーパードライ」が印象的だった高木健。

熱い唄を聴かせてくれたイマオカトモミ(THE DOG STAR BABIES)。

NOTHINGからはIKE&MATSU。最近弾き語り活動の機会が増えてきたTOMMY(BEBOP)。

トリ前の大原康輔(THe Jet's)は、始めの2曲はフォークソングでしっとり聴かせる。ラストの横道坊主の「I WANT・・・」では孔世(THe Jet's)が加わり、一気にフロアは熱気を帯びた。



そして、トリはA×T×H(PUNK DISCO)。慣れないアコースティックギターの演奏に指が痛くなってしまったらしいが(笑)、それでもしっかり歌っていたのは流石。



なお、この日はフリーフード(※投げ銭制。売り上げは被災地に募金するとのこと)もあり、PONY BOYお手製のカレーと枝豆が用意されていた。美味しいフードとライヴの両方を楽しむことが出来た一日だった。



【 写真撮影承ります 】

当RED ZONEでは、写真撮影のお仕事のご依頼を、随時受け付けております。なお、2019年1月以降の案件につきましては撮影料を一部改訂します。決まり次第、またお知らせ致します。

【 撮影者プロフィール 】arachan(RED ZONE)。東京都内を拠点に、ライヴやダンスを撮影。
【 スタッフパス 】ライヴ撮影の場合はスタッフパス必須。
【 撮影料 】案件によって異なります。例:ライヴ撮影の場合、単独・ワンマン・イヴェント通し撮影の何れかになりますが、案件によって値段が変わってきます。要問い合わせ。
【 ご依頼・お問い合わせ 】ご依頼・お問い合わせはredzone2009@live.jp迄。撮影をご依頼される方のお名前やWebサイト等、撮影ご希望の日時や場所ならびにご希望の撮影(例:アー写撮り等)を、メールにご記載ください。
【 納品 】写真データは、メールでファイル転送データとして送ります。メール記載のURLからダウンロードが可能です。

http://redzoneredzone.jimdo.com/


20180926070845d58.jpeg
スポンサーサイト